カテゴリ:本( 11 )

私は何故働くのか

色々とお知らせさせていただきたいこと、たまりすぎています!
年賀状の内容を考えながらまとめているところですが
やはりしたいことが沢山ありすぎてもう何枚紙があっても足りません。。。

したい仕事沢山あるし
語り合いたいこと沢山あるし
もうそれこそ読みたい本もたくさんで、
私のベットの横は三連の大きな本の山が積み上げられています。




したいことは全部すればいい。


先日ホリエモンこと堀江貴文氏のゼロを拝読しました。
上記はその中の一節です。金の亡者とかなんだかんだえげつないイメージや浅いイメージあるかもしれませんが
深いです。
なにかと内容よりも販促についても興味深く純粋に内容が心にはいらないのでは、とも思いましたが
そんなこと全くない。
私は3回程号泣しました。
とにかくほんっとにいろんなこと感じさせてくれた一冊ですが
語ると長くなります。

あえて個人的感情を書き連ねてしまいそうなので
ここでは控えますが
もしよかったら読まれた方、一緒に語りましょうよ、この本について。
それからこれまでについて、これからのこと
そしてなにより『今』のことを。
そんな気分になってしまいます。


あなたは何故働くのか。

私は何故働くのか。




なにもない自分に小さなイチを足していく。



ご興味ある方添付しておきます。



ゼロ
























[PR]
by medell | 2013-12-12 19:09 |

日本史



一節ごとに感動して泣いてしまいました。
いい本です。






c0149273_18364369.jpg


人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にある
ひすいこたろう 白駒妃登美 (著)
¥ 1,365








秀吉、龍馬、諭吉……感動的日本人20人

彼らは「もうダメだ」をどのようにして乗りこえたのか?
「日本人でよかった……」
教科書では絶対わからない、ご先祖様たちの知恵と
勇気と
カッコよさ

●豊臣秀吉が実践した「天命追求型」の人生とは?
●坂本龍馬はなぜこんなにモテるのか?
●西郷隆盛が愛される理由は「おいしゅうございます」にあった
●四国の小藩で「黒船」を造った男の意外な職業とは?
●与えられた環境を「最高の土壌」に逆転できた福沢諭吉の発想
●吉田松陰は「最悪の逆境」をなぜ楽しめたのか?
●秀吉に敗れた戦国武将たちに、石田三成が教えた「経済のしくみ」
●もっとも寒い時期に咲く「梅」を春の季語にした日本人



「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。
どんな状況からでも、そこに花を咲かせる力が、僕ら日本人には流れているのです。
いまこそ、日本人の先人たちの感動的なスピリット(精神)を知ってほしい。
思い出してほしい。
そんな願いでこの本をつくらせてもらいました。」
ひすいこたろう


「以前は、歴史上の人物の中に、好きな人もいれば、嫌いな人もいました。
でも、今は、みんな愛おしいんです。
愛おしく思えるようになったら、さらに日本が好きになり、
日本人であることの誇りが大きくなりました。
歴史を学ぶって、本当に素敵なことです。
そんなことが少しでも伝わればと思い筆をとらせていただきました。」
白駒 妃登美
[PR]
by medell | 2013-08-09 18:37 |

NIPPON


日本
ニッポン
NIPPON



知れば知るほど
奥深く面白い
私たちの日本。









c0149273_19395882.jpg


c0149273_1940049.jpg






勉強開始!!!



ため込まず、練り上げて
これからどんどん発信していきますよーーーー!



9月の16日坂店再開
本日皆さまに送らせて頂くご案内状の打合せでした。


お手元に届くのは9月2週目になると思います。
宜しくお願い致します。
[PR]
by medell | 2011-09-01 19:38 |

絵本

何度読んでも涙が出る絵本。




c0149273_9532661.jpg







c0149273_9532863.jpg

[PR]
by medell | 2010-12-09 09:49 |

広島って面白いZE☆

スタッフブログで紹介しています


小鞠ヤ+ヲルガン座コラボイベント 第2弾





8月29日 土曜日
19:00会場 19:30スタート
参加費¥1000+ワンオーダー(ドリンク¥400~)

☆ご予約はオルガン座へお願いします。

お電話⇒082-295-1553 メール⇒organzainfo@gmail.com
その際、お名前・人数・お電話番号をお伝えください。


楽しそう☆☆

私は残念ながらその日は坂店なので行けそうにありませんが
青羽さんが「行ってみる!」と張り切ってましたので安心しました^^

すずちゃん、がんばってね012.gif

さて。
すずちゃんはご存知の通りですね006.gif
小鞠ヤのクリエーターさんです。
では、このヲルガン座とは・・・
リンクしてるので飛んでみてください。

独特な雰囲気のお店です!
こだわりがあるのってカッコイイね001.gif




広島ってすごいがんばってるんだなぁぁ!
と最近思います。

というより
あまりお出かけをしない
私が知らないだけだったのだけど・・・
(おうち大好き053.gif

先日、たまたま外観に惹かれブラリと立ち寄った
Sottostazione (ソットスタツィオーネ)
旧中国配電南部変電所をイタリアンレストランに改装されたそうです。

天井高く、開放感アリ。
店内はDJブースもあり、私が食事したときは
マイケル・ジャクソンさま
の曲と壁一面のプロモーションスクリーン!
ちょっと横揺れしながら食しました笑
そして
私がいいなぁ♪と一番に思ったのは
お店のスタッフさん達の対応でした。
こんな出会いがあるのなら
ブラリの旅も楽しいもんですね♪

が。

しかしその、お店はチラリと読んだ
広島の飲食店紹介の本の巻頭に載っているお店なのでした笑!!

すっかり広島に興味を持ってしまった私は
その本を購入してみようと思います。
また買ったらMEDELLに置いときます006.gif



「どこかいいお店知らない?」とよく聞かれる私は(知ってそうですか?)
ご期待に添えるよう少し広島事情勉強をしてみようと思います!
[PR]
by medell | 2009-08-12 23:28 |

純粋で繊細

c0149273_1944303.jpg


左から

西の魔女が死んだ:梨木 香歩

はつ恋:よしもと ばなな

おやすみプンプン:浅野いにお

こわれそうなほど純粋で繊細で。
ここ最近読んだ本。
[PR]
by medell | 2009-02-25 19:49 |

私の読書法

みかけによらず
趣味 読書。です。

暗いですか・・?

本屋さんにいれば機嫌がいいよね037.gif
っていわれます。


寝る前、起き抜け、休日。
本があればご機嫌です。

ビジネス書
恋愛小説
純文学
エッセイ
結構、ジャンル問いません。
マンガだって読みます。

ただ、サスペンスや推理小説は少し苦手です。



しかし
私の読書は変わっているかもしれません。
1冊を集中して読むのではなく
常に3~5冊位、並行で読むんです。
そのため枕元には常に本が積んであります。

論理的思考・・・うう~ん!と唸ってた次の瞬間には
ギャグマンガ読んで笑い
純文学で浸る。

くるくる入れ替わる頭の中が快感なんだと思う。
そしてかなり流し読みなので
【この本のポイントは?】
なんて聞かれても

なんだっけ?
と思うことも多し。

同じ本が本棚に。。。
なんてこともあります。

私にとって 本 とは
知識吸収というより
現実逃避のお楽しみツールなのかもしれませんね。

おすすめの本があれば
ご紹介ください。

かなり食いつきます笑!
[PR]
by medell | 2008-12-26 21:09 |

29夜で・・・



最近
とんと自分のお手入れをサボっていました。

しかし
先日友人宅にお泊りしたときのこと・・・

愛でてるわぁ。。。

反省しました。ほんと。
私とはえらい違う。

思い出せ!
であることを!!ってなカンジで

まずは人間であるために体調回復のため木曜日のお休みは、とことん体を休めることに。
すごいですね!人間の体って。
ちゃんと、応えてくれる。

そして女に戻るためベタだが美容本なんて読んでみた。

山咲千里さん

少し前の出版ですが【美肌】を読みました。
先日話題になった【紀香バディ】の元祖本なカンジです。

女性の身体のサイクルはお月様の29の月の形に沿っている。との流れで

【女は29夜でキレイになれる】とのサブタイトルが付いています。

さて29日後の私は自分を愛できっていられるでしょーか?


MEDELLにも置いておきますので
よかったらぜひ043.gif
[PR]
by medell | 2008-12-05 18:05 |

ミッドナイトエクスプレスに乗る


(【深夜特急】 新潮社    沢木耕太郎)より抜粋


バンコクにやって来た時、余り興味を引かれることもないので
早々に立ち去ろうとする。

列車に乗ろうと駅まで来た沢木さんは、発車時刻までまだまだ時間があるので
駅前のそばやに入る。そば屋といっても、火事に合って焼け残ったようなバラックで、中年の親父と6、7歳のはしっこそうな男の子がやっている。



塩を加えたスープはおいしかった。一滴も余さずのみ干すと、さすがに喉が渇いてきた。
冷たいコーラが飲みたくなり、注文すると、その店には置いてないらしく、男の子が走り出し、どこからか買ってきてくれた。
「タウ、ライ?」
いくら、と尋ねると、6バーツという答えが返ってきた。
相場は4バーツだからかなり高い。
ボラれたな、と思った。

このようないかにも生存競争が激しそうな駅前食堂で手伝いをしているうちに、この男の子にも妙な知恵がついてしまったのだろう。
私は苦笑いをしながら男の子に6バーツを渡し、麺の代金はいくらだと訊ねると、親父が怪訝そうな顔をする。どうやらコーラだけではなく、全部ひっくるめて6バーツだったらしいのだ。
それならむしろ安すぎるくらいである。
私は男の子に対して全く無礼な考えを抱いたことへの詫びのつもりで、ポケットにあった50サタンを渡そうとした。しかし男の子はいらないと首を振る。
そうか、少なすぎるのか。
私が1バーツを取り出すと、男の子ははっきりとした声を上げて言った。

「ノー!」

それは幼い子供とも思えないほどの毅然たる拒絶だった。
私はバンコクに来てはじめてといえるほどの感動を受けた。

その男の子は、チップなどいらない、あるいは貰ういわれなどないということを、
全身で表そうとしていた。
私は自分は受けた感動をどう表現していいかわからず、ただその利発そうな顔を見つめているばかりだった。

ふと、ザックの中の本に和紙でできたしおり人形がはさまっているのを思い出し、底の方から引っ張り出して男の子に手渡す、珍しそうに裏や表を眺めていたが、私がそれをプレゼントしたいと身振りで伝える、はずかしそうにな、それでいて嬉しそうな笑いを浮かべながら受け取ってくれた。






沢木耕太郎さんの本、深夜特急という紀行文からの抜粋です。

あまりにぐっとジンときたので長々と書いてしまいました。
泣く前特有のあの鼻がツーンとして目頭に伝わる感じ






ミッドナイトエクスプレス(深夜急行、ここではあえて特急)に乗る
とは隠語として
「どこかへ出かけていく」ということになるらしい。

明日は定休日なので
これからミッドナイトエクスプレスに乗ってきますね!
[PR]
by medell | 2008-08-13 19:25 |

誰もが幸せになる1日3時間しか働かない国



こんな本をみつけました。

まだ読んでいないのですが
内容がとってもイイ感じです。

著者は芸術の国イタリアの映画界の大ベテランだけに、
人生味にあふれた深い洞察にこころ温まります

とあります。


内容

1日3時間しか働かなくていい?
政治家はボランティア?
政府が二つあって、ひとつは「改革」だけ!
教育費はタダ、「勉強」はなくて「学び」と「遊び」だけ?
18歳になったら家がもらえる?
老人の食事、交通、娯楽はみんな無料で「人生のマエストロ」と尊敬され、
警察官がいないのに刑務所もない?!
・・・ 主人公「僕」は、イタリアへの帰途、キルギシアという国でこの「何世紀もかけても起こりえないようなこと」「新しい社会が生まれる奇跡」に遭遇。友人への手紙という形式でその「夢の国」の旅行記を綴る。



3時間しか働かない。に惹かれたわけではござりませぬ023.gif

老人は人生のマエストロと尊敬され・・・
って部分特にグっときたんですよ。

昔はおじいさんおばあさんとは
昔話を聞かせてくれたり
遊びの知恵を教えてくれたり

代々伝わるその家の伝統の味を伝えてくれたり。

役割がきちんとあり
尊敬され居場所がきちんとあった。
でも今は・・・
その居場所がない。

と聞いたことがある。


確かに料理は既製品。
遊びはゲーム。
昔話よりもTV。

少しおばあちゃん達からは遠いかもしれない。

着物。
とは
おばあちゃん、おじいちゃん世代であれば日常に身に付けていた衣服。
日常だっただけに、アドバイスはリアルな知恵だったりする。

着物の話しからおばあちゃんたちと
私が娘のときに着ていた着物よ。
と娘の頃の話が聞けたり
おじいちゃんと出逢った頃のことも聞けるかもしれない。

更にその着物を譲ってもらうのは
本当に誇らしいことだし
自分のおばあちゃんの大切にしていた着物なら貴女にも似合うと思う。

なによりおばあちゃんすっごく喜んでくれるだろうなーー。

着物を通じて
おばあちゃん達への感謝や尊敬が今以上に湧き上がると思うんです。



私も祖母から沢山教わったし、着物も譲りうけている。

そして一緒におじいちゃんに初めてかってもらったという
イエローパールの指輪を指にはめてもらった。

そのときのおばあちゃんの少し赤くなって懐かしそうに話してくれた顔は絶対忘れないし
大切にする。
そうして娘が女性に成長したら
そのお話しを聞かせながら着物を着せて指にはパールをめてやろうと思う。
[PR]
by medell | 2008-08-04 21:33 |